成年後見人を弁護士に

成年後見制度ってなんなのでしょうか。いかにも難しそうな言葉ですよね。 認知症の人がいて、必要のない家のリフォーム工事を契約してしまって、家族が困っているというケースもあるのではないでしょうか。デイサービスに通いたいのですが、ひとりで利用契約の手続きをするのは、少し心配という人たちもいらっしゃるかもしれません。

認知症、知的障害、精神障害、私達の現代社会では、このような様々な問題・不安を抱えています。認知症、知的障害、精神障害のような人たちでも、財産の管理を迫られる局面に遭遇することもあるのではないでしょうか。財産の管理の「契約を結ぶ」行為など、実際にそのような人たちがまともに行うことが出来るはずはないと考えるのが妥当でしょう。そして、そのような人たちをいいカモと思っている悪徳業者のような存在も実際にはいます。

そのような問題をどのような方法で解決出来るかということについて私達は今、真剣に考える必要があるのではないでしょうか。そのような制度は、 判断能力が十分でない方について、家庭裁判所によって選ばれることによって、 身の回りに配慮しながら財産の管理や福祉サービス等の契約をすることが出来、認知症、知的障害、精神障害などの人たちも、権利を守り生活を支援するための民法上に定められた制度として考えることが出来ます。同時にここでは、そのような人に弁護士がなるメリットについても追求してみましょう。そのような人なら法律問題を扱うことができます。